ごあいさつ

 
あかがねミュージアムは次世代を担う子どもたちが芸術に触れ、見て、学び、創る場です。
それらの礎となる芸術は、世界共通の言語として、人種、年齢、言葉等を超えた普遍の真理を生み出すものであり、「世界の平和」と「人類の発展」にとって大変重要なツールでもあります。
生き生きと暮らすことのできる郷土をつくるためには、子どもたちが中心となり夢を語り合い、さらに10年後、20年後もその世代が芸術文化を通して、郷土に愛着を持ち続けていくことが大切です。
創造性豊かな子どもたちが育つ環境づくりと、持続可能な社会づくりに向けて、あかがねミュージアムでは、2030年までに全世界が目指す目標「持続可能な開発目標(SDGs17項目」をテーマとした、公募型美術展(アートフェスティバル)を開催いたします。
 

名誉大会長 青柳正規

新居浜から世界を変える作品を募集

2019年8月に愛媛県新居浜市で開催される「にいはまSDGsアート・フェスティバル」は、持続可能な社会の実現に向けて、美術館が実施する企画展です。
このアート・フェスで、メインの企画となるのは、全国(世界中)の小・中学生のアート作品たちです。作品のテーマ(主題)は、「SDGs」17の目標のうちからひとつを選択し、表現する題材や内容は、テーマを通じてイメージされたもの・こと・思いなら、どんなものでも自由です。
子どもたちの素直な感性や自由な創造性を通じて生まれた多くの作品が、世界の平和と持続可能な未来の実現に向けたメッセージとして、多くの人々の目に触れ、目標の達成に向けたより身近でより大きな活動につながることを期待しています。
世界中にいる子どもたちひとりひとりの思いが詰まった作品が、あかがねミュージアムに集まり、より大きな思いと活動につながるこのアート・フェスに、皆さんもぜひ参加しませんか。応募された作品はすべて展示されます。
 
【会  期】 2019824日(土)~1018日(金)
【場  所】 新居浜市美術館 あかがねミュージアム

☆あかがね賞(市長賞)
☆大賞(市議会議長賞)
☆優秀賞(教育長賞・名誉大会長賞)
☆特別賞
新居浜ゆかりの人物が先駆的かつ多大な貢献をしたことに因み、その人物の名を冠した賞を設け先人の業績を顕彰するとともに、その精神を子どもたちに伝え、継承します。

 

審査員

岡  真弓
新居浜市立浮島小学校 教諭
 
島  敦彦
金沢21世紀美術館 館長
 
谷口 淳一
京都教育大学 教授
 
内藤  隆
鳴門教育大学 教授
 
橋本 弘安
女子美術大学 副学長
 
宮田 愛里
新居浜市立西中学校 教諭
 
50音順)

【主催】
にいはまSDGsアート・フェスティバル実行委員会
構成:
新居浜市
新居浜市教育委員会
愛媛新聞社
あかがねミュージアム運営グループ
 
【共催】
新居浜ユネスコ協会
独立行政法人国際協力機構四国センター(JICA四国)
四国地方ESD活動支援センター
新居浜市小学校長会・中学校長会
 
【後援】
NHK松山放送局
南海放送
テレビ愛媛
あいテレビ
愛媛朝日テレビ
国際連合広報センター
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター
ハートネットワーク
新居浜文化協会
 
【協力】
ESD活動支援センター
国連大学
 
【特別協力】
住友金属鉱山株式会社別子事業所
住友化学株式会社愛媛工場
住友重機械工業株式会社愛媛製造所
住友共同電力株式会社
住友林業株式会社新居浜事業所
三井住友建設株式会社四国支店