展覧会

新居浜の郷土作家シリーズⅡ
石村嘉成展 生き物たちも一生懸命


>>チラシのダウンロードはこちら(1.9MB)

会  期| 2019629日(土)-818日(日)
 *休館日
  7/2(火)、7/8(月)、7/16(火)、7/22(月)、7/29(月)、
  8/6(火)、8/13(火)
開館時間| 午前930分〜午後5
会  場| 展示室1
観 覧 料 | 無料

主  催| 新居浜市美術館
共  催| あかがねミュージアム運営グループ
後  援| 愛媛新聞社、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、ハートネットワーク


 郷土美術館から引き継ぎ、昨年度から復活した新居浜の郷土作家シリーズ。今回は、自閉症という発達障がいを持ち、新居浜でアーティストとして活動する石村嘉成(1994)をご紹介します。高校生の授業で版画と出会って以降、創作活動に打ち込み、2013年に第2回新エコールドパリ浮世・絵展 ドローイング部門にて入選、優秀賞を受賞するなどアーティストとして目覚ましい活躍を見せています。石村の意欲的な創作活動は子どもたちを含め、幅広い世代の人たちに生きる力を与えてくれます。
 本展は、「生き物」に強い関心を向けた石村の独特な構図と鮮やかな色彩で描き出された数多くの作品を一堂に紹介します。石村の熱心な観察と自由な想像力によって生命を与えられた生き物たちを通じ、生命の躍動を体験してもらうとともに、生きとし生けるものすべてに捧げる応援メッセージに耳を傾けてみてください。

 *本展覧会は全作品撮影可能です。


石村 嘉成 いしむら よしなり
1994
年新居浜市に生まれ、2歳の時に自閉症による発達障がいと診断される。家族や医師、学校教師などの支援を受けながら、高校の選択授業で版画と出会い、本格的な創作活動を開始。2014年以降、地元愛媛を中心に日本各地で個展を開催。アクリル画など新たな表現に挑戦するなど表現の幅を広げている。

関連イベント

作家によるギャラリートーク
日  時| 629日(土)10:00
会  場| 展示室1

公開制作
日  時| 629日(土)、714日(日)、27日(土)、84日(日)、10日(土)
 *各日 ①11:00②14:00
会  場| 展示室1

版画ワークショップ「生き物の版画をつくろう!」
講  師| 石村 嘉成 氏
定  員| 10人(小学4年生~中学3年生)
 *小学生は保護者同伴 ※両日参加できる方のみ
会  場| 創作スペース
日  程| 76日(土)、77日(日)各日14:00- 
持 参 物 | 彫刻刀・いろんな生き物(動物・生物・昆虫など)の下絵(A4程度)
申込方法| お電話にて申し込みを受け付けております。
申込締切| 630(日)まで  ※申し込み多数の場合は抽選

同時開催

「新居浜の美術 コレクション展示」 特集展示 第Ⅰ期 せいぼうさんの書と彫刻
会  場| 新居浜市美術館 展示室2
観 覧 料 | 無料


お問い合わせ| 新居浜市美術館
電話:0897-65-3580