小磯良平《グリーンのカーディガンを着た婦人》・裏面《婦人像》

表面裏面


 小磯良平は、現代もっとも愛好者の多い洋画家のひとりです。神戸に生まれ、東京藝術大学の教授を務めた小磯は、現代を代表する洋画家といって過言ではありません。これまでほとんど知られなかったことですが、その小磯も昭和25(1950)年、新居浜の住友倶楽部で絵画講習会を行い、その時の受講生の中に、まだ高校生であった真鍋博もいたのです。また、新居浜で戦後はじめて生まれたオリゾン洋画研究所を主宰した西澤富義も、小磯を師と仰いでいました。このたびの新収蔵作品は、小磯作品としては唯一、両面に描かれた作品で、ちょうどオリゾン洋画研究所で指導した時期と重なる作品でもあり、小磯のデッサン力が如何なく発揮された作品としても貴重です。しかも表裏に描かれたモデルは、小磯の油彩画の代表作《二人裸婦》(1949年、神戸市立小磯記念美術館蔵)と同じ女性であり、この作品は、神戸空襲でアトリエを失った小磯が、神戸で二番目に再建したアトリエで最初に完成させた作品でした。パステルと木炭という素描作品の中でも、もっともすぐれた作品といって過言ではありません。