スタジオジブリ全面協力のもと、500点を超える作品をこの夏、公開。

圧倒的な画力、魅力的な表情、生き生きとしたキャラクターたちの動き。

スタジオジブリ作品の輝きを支える動画家の1人、近藤勝也氏によって描かれた原画やキャラクターデザインの仕事を中心に多数作品を紹介します。

「魔女の宅急便」「崖の上のポニョ」「海がきこえる」をはじめ、新たな挑戦である3DCGアニメーション「山賊の娘ローニャ」、広告用イラストなど、勝也氏が手がけた多岐にわたる多彩な仕事をご覧いただけます。

大人から子どもまでを魅了するキャラクターが、いかにして生み出されたのか。

勝也氏の手によって、キャラクターにいのちが吹き込まれた瞬間をぜひ体感してください。


近藤勝也 Kondou Katsuya
1963年 愛媛県新居浜市に生まれる
1982年 愛媛県立新居浜南高等学校卒業
1982年 スタジオあんなぷるへ入社
1985年 「天空の城ラピュタ」に参加するため、
     スタジオあんなぷるを退社しフリーとなる。
1990年 スタジオジブリへ入社
1992年 スタジオジブリを退社し、フリーとなる。
2012年 新居浜市立郷土美術館で「ジブリの動画家 近藤勝也展」を開催
長野県在住・新居浜ふるさと観光大使
 
▶▶▶フィルモグラフィー
▶▶▶経歴・フィルモグラフィー PDFダウンロード

見どころ 1
スタジオジブリと近藤勝也


「崖の上のポニョ」イメージボード

 

近藤勝也さんの原点であり、長年携わり続けてきたスタジオジブリ作品から、「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「海がきこえる」「崖の上のポニョ」「コクリコ坂から」「風たちぬ」などの、貴重なイメージボードや原画を一挙公開。 ジブリのキャラクターの輝きを支える近藤さんの作画の魅力に迫ります。

見どころ 2
多彩な仕事


準備中です

近藤さんは、スタジオジブリの仕事だけではなく、NHK テレビアニメ「山賊の娘ローニャ」や、 日清製粉や伊藤園、丸紅といった企業のCM アニメーション、主要空港で目にすることができる リョービ株式会社のイメージキャラクター制作なども手がけています。 ほかにも、漫画やゲーム、カバーイラストや挿絵など、多種多彩な仕事をご紹介します。

見どころ 3
新居浜を描く


少年時代の作品

 

 近藤さんの生まれ故郷である新居浜や、愛媛を題材に描いた作品や、新居浜で過ごした少年時代に描いてきたたくさんの作品や、独学で絵の練習をし続けたノートなども公開します。
 
 
 

TOP

● 展覧会名

新居浜市市制施行80周年記念事業

新居浜が生んだジブリの動画家 近藤勝也展

● 会期

2017年7月8日(土)~9月10日(日)

● 休館日

月曜日
(ただし、7月17日(月・祝)と8月14日(月)は開館し、7月18日(火)は休館。)

● 開館時間

9:30~17:00(入場は16:30まで)

● 会場

展示室1

● 主催

近藤勝也展実行委員会
(新居浜市・新居浜市教育委員会・
あかがねミュージアム運営グループ・
愛媛新聞社・南海放送・新居浜市観光協会・新居浜市物産協会)

● 協力

スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館

● 協賛

新居浜文化協会、あかがねミュージアムサポータークラブ

● 後援

ハートネットワーク

● お問い合わせ

0897-31-0305
近藤勝也展実行委員会事務局(あかがねミュージアム内)

 
あかがねミュージアム
 
〒792-0812 愛媛県新居浜市坂井町2丁目8番1号
Tel 0897-31-0305
 
JR予讃線「新居浜」駅から徒歩すぐ
せとうちバス「新居浜駅」下車徒歩すぐ
松山自動車道 新居浜ICからJR新居浜駅方面へ車で15分
 
▶▶▶観覧料・アクセス
 
▶▶▶ホームページ
あかがねミュージアム
http://www.akaganemuseum.jp
 
新居浜市美術館
http://ncma-niihama.info