展覧会

新居浜市市制施行80周年記念事業
文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展
-美術部門-「洋画」「日本画」「版画」

会  期| 2017年9月20日(水)-10月29日(日)

開館時間| 9時30分から17時

休 館 日 | 9月25日(月)
      10月2日(月)、10月5日(木)、10月10日(火)、10月15日(日)、10月23日(月)

会  場| 展示室1・2(あかがねミュージアム 2階)

入 場 料 |
      一般:500円
      65才以上・20名以上の団体:400円
      大学生までの学生・未就学児・各種障がい者手帳等をお持ちの方(介助者1名を含む):無料
        *証明書等をご提示ください

>>関連事業はこちら

1 奥谷 博《Peace》2017年 Photo:㈱タケミアートフォトス

主催:新居浜市教育委員会、(一社)文化庁芸術家在外研修員の会美術部門
共催:新居浜市、あかがねミュージアム運営グループ

後援:文化庁、日本芸術院、日本美術家連盟、愛媛新聞社、NHK松山放送局、
   南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、ハートネットワーク、
   (公財)よんでん文化振興財団、新居浜文化協会

協力:(一社)文化庁芸術家在外研修員の会、損保ジャパン日本興亜
企画協力:アート・ベンチャー・オフィス ショウ

お問い合わせ:
  新居浜市美術館
  〒792-0812 愛媛県新居浜市坂井町2丁目8番1号
  TEL 0897-65-3580

奥谷博や絹谷幸二、西田俊英、入江明日香など、
日本の美術界を担う作家75名の新作を展覧。

今年度は文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野の研修を支援する新進芸術家海外研修制度がスタートして50周年という節目を迎えます。この50年で美術部門では約1,230名の研修員が海外の大学や芸術団体で実践的な研修を行っています。

本展覧会ではこれまで研修に参加した研修員の中から、国内外で活躍されている若手及びベテランの新作75点(洋画42点、日本画15点、版画18点)を紹介いたします。

当館では、このような優れた芸術作品(新作)を一堂に紹介するのは初の試みですが、市制施行80周年を記念して実現したこの企画展で、ぜひ作家一人一人が各研修先で研鑽を積み、独特の視点で捉えた多様な表現方法を鑑賞し、作品から発信される作家の想いを感じ取っていただければと思います。





2

3

4

5

1  奥谷 博《Peace》2017年 Photo:㈱タケミアートフォトス
2  西田 俊英《月と孔雀》2017年 Photo:㈱タケミアートフォトス
3  入江 明日香《La forêt noire》2017年
4  田村 能里子《風に還る日》2017年 Photo:K2Photo ㈱木内健二
5  絹谷 幸二《旭日富嶽来迎図》2017年

6

7

8

6  呉 亜沙《metabolism》2017年
7  宮 いつき《午後の時間》2017年 Photo:阿部 勇司
8  柳澤 紀子《Sign・予兆 Ⅶ》2016年

関連事業

出品作家によるギャラリートーク
出品作家が自身の作品についてトークや解説を行います。

日時| 9 月23日(土・祝) 14:00〜
作家|奥谷 博、小川 巧、奥谷 太一、八木 幾朗

日時|10月28日(土) 14:00〜
作家|石井 武夫、宮 いつき、神戸 智行、舩坂 芳助、柳澤 紀子

場所|展示室1・2(あかがねミュージアム 2階)
   * 参加自由 要観覧券
   * 作家の都合により変更になる場合がございます